送料無料 ss11%Off 指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀 買い物 送料無料 ss11%Off 指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀 買い物 2163円 【送料無料】 【ss11%Off】指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀 家電 生活家電 その他生活家電 2163円 【送料無料】 【ss11%Off】指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀 家電 生活家電 その他生活家電 【ss11%Off】指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置,pencil.sakura.ne.jp,銀,-,家電 , 生活家電 , その他生活家電,【送料無料】,/tag/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%B3,2163円 【ss11%Off】指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置,pencil.sakura.ne.jp,銀,-,家電 , 生活家電 , その他生活家電,【送料無料】,/tag/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%B3,2163円

送料無料 ss11%Off 指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀 買い物 ランキング総合1位

【送料無料】 【ss11%Off】指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀

2163円

【送料無料】 【ss11%Off】指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀

















説明:

スマート指紋ドアロックキーレスセキュリティ盗難防止パドロックUSB充電式
特徴:
スマートフィンガープリントロック:キーを紛失したり、パスワードを忘れたりする心配はありません。面倒な数字を忘れて、指があなたの鍵です。
10個の指紋の保管:操作が簡単で、最大10個の指紋を保管でき、スマートロックで直接管理されます。
クイック認証:この指紋南京錠には、360度の指紋取得機能があり、1秒間だけロック解除し、生体認証ロックをすばやく識別して指紋をすばやく識別します。
充電式USB:充電式リチウム電池を内蔵し、USB充電器を接続できます。
?該当する状況:手荷物スーツケース、ゴルフバッグ、ハンドバッグ、学校のロッカー、ジムのロッカーロック、家具、ワードローブ、自転車、その他の保護したい物品で広く使用されている、屋内屋外での使用のための小型軽量の指紋ロッカー。
丈夫でポータブル:亜鉛合金の金属ボディ構造により、キャビネットや家を泥棒から守ります。

仕様:

モデル:O10
素材:亜鉛合金
ロックサイズ:46 * 40 * 16mm
ロックビーム径:5mm
指紋形状:スクエア
指紋容量:10回記録し、10グループを保存
LEDライト:三色ライト:赤/青/緑
バッテリー:3.7Vリチウム電池
動作電圧:3.0-4.2V
USBインターフェース:マイクロ

パッケージに含まれるもの:

?1 xスマート指紋ドアロック南京錠
1 x USB-Micro充電ケーブル
1 xユーザーマニュアル





【送料無料】 【ss11%Off】指紋認識スマートキーレス南京錠ドアロック南京錠荷物ロック.USB充電.防水.盗難防止装置 - 銀

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。